破損したらどうすればいい?

破損したらどうすればいい?

破損したらどうすればいい? レンタルしているキャリーバックを、予期せぬタイミングで破損させてしまったとなれば、慌てるのは当然のことです。
しかしそこで、素人が無理に直そうとしたり無断で修理店に持ち込み直してもらうことはしてはいけません。
壊したら、まずはレンタルショップに連絡するようにしましょう。
返却する時ではなく早めに連絡することで、その後の対処方法を教えてもらえたり、旅行や出張先に別のキャリーバックを送ってくれるショップもあります。
壊した時に弁償しなければならないかは、保証内容による違いがあるので、保証が付いているか確かめておくべきです。
普通に使用している上で壊れてしまった時には保証の対象となっても、意図的に破損させたとなれば、当然弁償が必須となるので気をつけるべきです。
まずはキャリーバックを借りたお店に電話やメールで問い合わせ、どうすれば良いか聞いてみましょう。
業者に言われた通りにし、無理に自己解決させようとしないことが大切です。

レンタルのキャリーバック、破損などへの保障は

レンタルのキャリーバック、破損などへの保障は キャリーバックは、衝撃にも強い素材を使っているものが大半ですが、運送サービスや空港などでは荷物扱いになることから、乱暴に取り扱われてしまうこともあります。
その為、衝撃などにより壊れてしまうというケースもごくまれにあり、まして、それが借りているキャリーバックだった場合などはどうすれば良いのか困ってしまうものです。
一般に航空会社では、荷物などを破損させてしまった場合には修理費用を出してくれます。
ただしそのためには、破損を証明する書類を発行してもらわなければなりません。
この証明書は税関を通る前、手荷物サービスカウンターで出してもらうことになりますが、税関を通ってしまった後は発行してもらえなくなるため注意が必要です。
仮に、航空会社での保障が受けられない場合は、破損費用は自分で負担しなければならなくなります。
そこで多くのレンタル会社では、破損保障などの「保証サービス」をオプションなどで付けているところが多いです。
このサービスを利用すれば、面倒な手続きも不要で亀裂やへこみ・キャスターのはずれなどの大きな損傷でも修理代を払う必要がありませんので安心です。
保証サービスの料金は各会社によって違いがあり、またレンタル期間や製品によっても異なっていますが、費用相場は2週間位の貸し出し期間で300円代からありますので、この保証に入っておくことで安心して利用することが出来るでしょう。

新着情報

◎2020/11/16

海外旅行も快適です
の情報を更新しました。

◎2020/8/24

返却する手順
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

破損したらどうすればいい?
の情報を更新しました。

◎2020/04/30

サイト公開しました

「バッグ 破損」
に関連するツイート
Twitter